読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Parisからの手紙

お菓子のこと 日々のこと

WundebärとJacques Genin

/* 邪魔なキーワード下線を消す */ a.keyword { border: 0 !important; text-decoration: none !important; pointer-events: none !important; cursor: default; color: #5A5A5A; }

レピュブリック広場近くのWundebärにてドイツソーセージのランチ。

f:id:sirap:20170217014726j:image

カレー味のソーセージにキャベツのサラダ。

ドイツビールと共に♪

追加でヴァイスヴルストという白いソーセージを注文。

f:id:sirap:20170217014945j:image

甘いマスタードに付けて食べます。

デザートは友人オススメのアップルシュトゥルーデル。パイ生地とは違う薄い生地でリンゴのコンポートを包んだもの。

f:id:sirap:20170217015118j:image

そしてチーズケーキ

f:id:sirap:20170217015229j:image

クッキーの底生地、クランブルも乗ってます。

炭水化物がなかったので腹八分目。笑

とても雰囲気のいいお店でした。

 

街をぶらりとした後、北マレにあるショコラティエのサロンドテ"Jaques Genin"へ。

お店にはジュナンさんがいらっしゃいました。

なかなか素敵な方♡

狙ってたミルフォイユがプラリネだったので諦めて、3人でショコラとパートドゥフリュイを注文。

f:id:sirap:20170217015511j:image

全部味見したい!という事で

f:id:sirap:20170217015849j:image

こんな感じに。笑

みんなで付けたランキング、ショコラの一位はグレープフルーツ。(意外!)

パートドゥフリュイはライチでした。

こちらのショコラ一粒1€と激安。

雰囲気のいいお店でのんびりおしゃべりできました。